2017年06月18日

グレアムの「反論ヒエラルキー」

ひょんなことからネットでGraham's hierarchy of disagreementなるものを知り、これはなかなか解りやすく面白いなあと思ったので暇は人たちにご紹介しようと思いました。「反論ヒエラルキー」とも訳されてますが、要はある意見に対する反対意見の述べ方を分類することで、その説得力の強さの参考にできるという代物です。反対意見を見る人も、反対意見を述べようとする人も、これを参考にすると便利よーってとこでしょうか。

全部で7段階、DH0からDH6までとされてます。ニュアンスまで訳すのは結構難しいですが頑張ってみます。
DH0 誹謗
DH1 人身攻撃
DH2 論調批判
DH3 否定
DH4 反論
DH5 反駁(はんばく)
DH6 要点反駁

続きを読む
posted by 素破斎 at 00:39| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。