2017年04月02日

室蘭名物・麺と串

勤め先は伊達市ですが伊達市はちっさすぎてなんもないので胆振総合振興局(元の胆振支庁、北海道における郡みたいなもんらしい)を仕切ってる室蘭の名物について。

1つめはカレーラーメン。北海道の三大ラーメン(札幌の味噌、旭川の醤油、函館の塩)に続く第四のラーメンとして幅を利かせるべく画策しておるようです。中でも一番有名なのが「味の大王」チェーンのカレーラーメン。その本店まで車で30分かけて行ってきました。お値段は一杯750円とリーズナボー。
味の大王カレーラーメン ピンぼけ.png

ピンボケ写真ですんません。チャーシューは煮豚ではなく焼豚なんですが、それにしては柔らかい。一緒に上に乗ってるワカメとモヤシが無駄に水っぽくないのでサラサラしたカレースープによく合います。縮れ麺はスープをからめとるために頑張っていて、麺に確実にカレー味を付加してきます。ここのカレースープは間違いなく辛いけど辛すぎないところをきっちりキメてると思います。

日曜の11時30分頃に入店したのですが、結構席がうまってました。そして聞こえてくる注文はカレーラーメン、味噌チャーシュー、ライスの三点だけです。(大盛りと並との差はありましたが。)ライスはどうやらカレーラーメンの残り汁にぶっこんで食うのが流行っているようです。黄色い汁が飛ぶので白いシャツは禁忌ですが、間違いなくウマいカレーラーメンでした。


もう一つの室蘭名物は室蘭「焼鳥」。なんでカッコでくくってるかっつうと、それは、室蘭焼鳥は豚肉とタマネギだからです。鶏じゃないじゃん!でもまあこれも室蘭の名物ですし、タレで焼いた豚串は美味いですよ。

これもいくつかの店が、というかほとんどの焼き鳥屋がメニューに載せてますが、今日は「やきとりの一平」チェーンが伊達市に支店を出してるのでそこまで行ってきました。なんで室蘭の本店で食わなかったかって?車で行ってるから酒が飲めないからだヨ!こちとら焼鳥くってビール呑まないと禿げるんだよ!

豚といっても、ロース串(メニューでは「精肉」となってます)、モツ、レバ、タン、ハツと揃ってます。どれもタレか塩かと聞かれますが、今回はタンハツは塩、あとはタレでお願いしてみました。注文はミニマム五串から。そして何頼んでも洋辛子が付いてきます。
やきとりの一平 精肉とモツ.png

味はと言うととにかく濃いタレと豚の脂と辛子がまざってウマーーー!です。ビールが魔法のように消えて行きます。ピッチャーで頼めばよかったんじゃないかと思ったくらいです。

最後に口をさっぱりさせて帰ろうと〆の代わりに頼んだラーメンサラダも美味しかったです。

冷やし中華の胡麻ドレッシング風という感じですが、
やきとりの一平 ラーメンサラダ.png

とても美味しいです。ただ、量は普通にあるのでそこだけ注意してくだされ。

オリエンテーションとはいえ明日から仕事だし、妻と娘ももうすぐ引っ越してくるのでこんな1人外食はしばらくはないかもしれません。まあ、これ見て遊びに来てくれるお友達が一人でもいたらいいなぁくらいの気持ちで書いてます。というわけでよろしくよろしく。


posted by 素破斎 at 22:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。