2017年05月13日

いまさらですが初期研修医の教科書は何がよいかしら

まだまだ朝夕は肌寒いですが、伊達市の桜は半分以上散りました。北海道の春は短いから一生懸命味わうようにとか言われたことを思い出します。

うちの病院の図書室には研修医用の本がそこそこ揃っていて、少なくとも私レベルだと充足しとるわけですが、まだまだ必要なら研修医用の本を補充してもらえるようです。そこで、研修医になんぞオススメの本があったら教えてくださいね。また、特定の本でなくても「この分野勉強しときなはれ」みたいな話も歓迎です。

分野的には以下のようなあたりを押さえないといけないんでないかなとは思うのですが、どうでしょう。

基本手技(ルートとかカニューレ交換とか)
抗菌薬の使い方
救急で○○が来たらどうするか的な話
輸液

何から何まで研修医がさせられる病院と、気がついたらほとんど看護師さんがやってくれる病院ではいろいろ違うでしょうけどまあそこらへんは深く考えないで「この本あってよかったー」とか「こんな本欲しかったけどなくてキツい」とか教えてもらえるとうれしいです。

と思ったけど、大学の同期のみなさんこのブログ見てるのかいな。まあいいか。
posted by 素破斎 at 11:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期研修医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。